フルーツワインの魅力

フルーツワインの魅力

一般的にフルーツワインは、ぶどう以外の果実を原料に用いた醸造酒の総称をいいます。さくらんぼ、洋梨、リンゴ、キウイ等が使われ、食前酒として飲まれるほか、カクテルの材料にも使われます。

しかし、市場で出回っているフルーツワインには、ぶどうベースのワインに別の果物を足したもの(いわゆるサングリア)もフルーツワインと称して販売されているケースがあります。

桃やリンゴ、ブルーベリーといった果物をベースにしたフルーツワインは山梨県や長野県などでもよく見られますが、さくらんぼを使ったフルーツワインは珍しく、山形県産佐藤錦をふんだんに使った100%さくらんぼフルーツワインとなると、当店だけにしかありません

また、独自に研究を重ねた醸造法により、当社のフルーツワインは、健康成分を多く含んでおりまろやかな口当たりで飲みやすく仕上がっています。

ページトップへ戻る