会社の活動

モモワインの醸造開始

東根フルーツワイン」は、9月6日~9日にモモワインの醸し仕込みを行いました。これまでさくらんぼ、マスカットべーリーA、ラ・フランス及びリンゴの各ワインを製造・販売してきましたが、今年度は新たに小ロットでのブラックベリーワインの製造を行い、さらに今回、晩生で糖度の高いモモ、「川中島白桃」を用いて、モモワインの製造を行っています。普通の果実と異なり、果実表面の細かな毛を除くために丁寧に洗浄を行い、中にある核を取り除くという作業が加わり、仕込みに長い時間を要しました。仕込み作業中の工場の中は桃の香りが充満していました。醸し発酵のため、果皮や果肉ごと仕込みましたので、果皮や核の周りの果肉の紅色がワインマストに入ってきて、色と香りのよいフルーツワインに仕上がるのではないかと楽しみです。

 

川中島白桃の仕込1日後

ページトップへ戻る